投資競馬のやり方は一つではないです。
こういう買い方をするべきであるというようなものがいくつかあるわけですし考え方自体がたくさんありますのでこうしなければ投資競馬とは言えないというようなことはないです。

もちろん、趣味で買っているというような場合は投資競馬ではないですが、あくまで少しでも好き嫌いではなく勝つか負けるかということに対してデータ的なアプローチから馬券を購入していくというのが後押し競馬になります。

最近ではAIを活用した投資が流行しているわけですが、これが競馬にも応用できたりということがあったりするので、実は今ではそれがメインといっても良いくらいの投資競馬のやり方になっています。

あるいは自分で様々なデータを分析して行っていることを投資競馬と呼ぶこともあります。この場合、自分の勝ちパターンを確立することが大事です。
我と一般的なのは複勝ころがしと呼ばれるものであり、三位までに入るであろう馬を当てるのが複勝というのですが、これをどんどんやっていくということです。

稼げる投資手法というのはわりとあったりするわけですが、それは自分なりの投資スタイルということになるわけで、投資競馬にもそういうものが少なからず存在しているわけです。完璧な勝ちパターンを手に入れるまで練習をするというのが競馬投資にも求められるようになっています。

AIなどを活用する場合は、任せてしまうという手もあるのでそちらの方が楽なので良いという人もいますが少なからず、自分の意思を尊重させたいというような場合でも投資競馬というのはいくらか選択肢がありますので、ある意味でちょっとした楽しみとして投資競馬を行うというようなこともできたりします。

しかし、やはりメインはコンピュータを用いた分析でしょう。
昔から勝負師と呼ばれるような方々がいたわけですがそういうものではなくて統計データに基づいた買い方をするということがやはり現在の投資競馬のメインの考え方となることになりますので、そのためのソフトを購入したり、あるいはそれなりの知識があるのであれば自分で作るという選択肢もあったりします。

まずは勝ちパターンが確立するまでは少額の馬券購入から初めてみるとよいでしょう。
あくまでデータに基づいたやり方であり、それなりに勝率は高い事も多いでしょうがとにかく勝ちパターンが大事です。
それがはっきりとするまでは少額で勝ちを重ねていくことがポイントになります。