ネットビジネスにも特商法というのは場合によってはひっかかることになります。
特商法というのは消費者を守るために作られた通信販売をする場合などにおいて適用される法律です。

消費者有利になっているというよりは業者側が守らなければならないルールというのが規定されていてそれは言うほど難しいことではないのが特商法の特徴と言えるでしょう。

特定の案件の時のみその法律が適用されるネットビジネスというのではなく、具体的に物品を通信販売等で販売している場合のみに適用されることになります。

詐欺業者などは法律を当然ながら守ってないので、詐欺業者に引っかからないようにするために消費者も特徴法という法律があることを知っていてどういうことをしなければならないのかというのは理解しておいた方が良いです。

ちなみに例えばネットビジネスといえば最近ではクラウドソーシングなどに登録して仕事を請け負うみたいなことがあるのでしょうが詐欺的な案件などもあったりします。そうした案件などを出していた業者が特商法を守るのかと言うとあくまで物品を扱っているわけではないので、適用されることはないです。

クラウドソーシングなどに登録していた案件などは当然ながらサービスとしてこちらも物を収めたりするわけですがあくまで消費者ではないので適用されないわけです。